ワクチンに関する一般情報

独立行政法人国立病院機構 東京病院 感染症科部長 永井 英明 先生 監修
本ページの情報は、2021年3月作成時点のものです。

ワクチンによる免疫獲得の機序1)

一般的には、図のような機序でワクチンにより免疫を獲得します。

ワクチンによる免疫獲得の機序

  1. Wim Jiskoot et al  “Vaccines”  Pharmaceutical Biotechnology p287

ワクチンの種類1, 2)

ワクチンとは、疑似的なウイルスとみなすことができます。ウイルスそのものを使用するワクチンもあれば、ウイルスの一部のみを使用するものもあります。
近年、バイオテクノロジーの進歩により、新しいタイプのワクチンも開発されています。

ワクチンの種類

左側に示す従来のワクチンは、不活化したウイルスの一部や、ウイルスの一部のタンパク質、疑似ウイルス粒子をヒトに接種し免疫を獲得する仕組みです。
右側に示す新しい技術を用いたワクチンには、ウイルスベクターワクチン、DNAワクチン、mRNAワクチン、抗原提示細胞ワクチンなどがあります。
これらのワクチンは、遺伝情報をDNAプラスミドやmRNAとして、あるいは無害化した異なるウイルスベクター等に入れてヒトに接種すると、それがヒトの細胞に入りタンパク質をつくることで、ウイルスのタンパク質に対する免疫を獲得する仕組みです。


  1. Debby van Riel et al “Next-generation vaccine platforms for COVID-19” Nature Materials 2020 volume 19, P811 より引用
  2. 岡部信彦ほか 編著予防接種の手引き: 2018-19年版 p74,75,近代出版